研修に集中させるために泊まりがけで行う!

非日常的な空間で叩き込む

研修は会社によって様々です。社内で行う場合もあれば社外で行うこともありますし、日帰りはもちろん宿泊することもあります。研修は基本的に法などで定められている訳でもないので、ハラスメントに該当するものでなければその内容は自由です。その中で宿泊を伴う研修は非常に効果があると言えます。参加させている以上自費という訳にはいかないので会社が負担する費用は大きくなりますが、それに見合った効果が期待できます。 宿泊をするということは場所がどこであっても非日常的な空間になります。テレビなどは最初から設置されていない場合が多いですし、スマートフォンも使用不可である場合が多いです。しっかりと日中学んだことを、夜に復習できる環境と言えます。日帰りで研修をした場合は、いつもの家に帰宅してテレビやスマートフォンが見られますし、お酒を飲んで一切復習しないという過ごし方もできます。しかし、それでは研修の効果が薄くなってしまいますし、社員の為にもなりません。半ば強制的という形にはなりますが、ある程度自由を縛ることによって学ぶしかないという状況が作り出されます。このような状況で過ごすことにより、社員の能力が一気にアップします。

社員同士の連携を強化する

中学校や高校などは、入学してすぐに宿泊を伴ったレクリエーションがあります。これはお互いに仲を深めて学校生活を円滑に過ごしてもらう目的がありますが、この考えは会社でも大切です。もちろん社会人たるものレクリエーションに頼らず人間関係を深めないといけませんが、個人に任せるだけでは非効率的です。一緒に大部屋で語り合えばある程度性格も分かりますし、夢や目標を聞けば刺激にもなります。近年はすぐに会社を辞めてしまう人も多くなっていますが、その原因の大半を占めているのは人間関係の不満や悪化です。それだけ人間関係に悩む人が多いので、最初から宿泊を伴った研修で連携を強化しておけば定着率も良くなる可能性があります。

宿泊を伴った研修では、厳しい内容にした方がより効果的です。決まった時間に起きたり、食事も素早く済ますなど数々のルールを設けたいものです。社訓や目標を大声で発表するなど、まるで自衛隊のような研修も注目されています。厳しい研修を、仲間と共に乗り越える過程が重要なのです。グループワークなどで協力して、課題をクリアできれば必然的に一体感が生まれます。お互いの足を引っ張るような環境ではなく、自然と協力し合えるような環境になれば多くのメリットがあります。

© Copyright An Instructor Is Required. All Rights Reserved.