新人教育はプロフェッショナルに任せる!

良いプレイヤーは良いコーチとなるか

野球やサッカーなどのスポーツの分野では現役時代に良い成績を残したプレイヤーが引退後に、所属チームの監督やコーチになることが多くあります。その人物が指導すれば若い選手もその能力を吸収して活躍してくれるようになるだろうと上層部が期待するからです。周りも「あの人が指導者になるなら大丈夫だろう」と信じて疑いません。会社などの組織でも同じです。あなたが上司から新人の教育係を命じられたなら、あなたは良いプレイヤーとして会社に認められているに違いありません。大切な新人の教育を成績の悪い社員に任せる会社などないからです。あなたが教育すれば新人もあなたと同じくらいの活躍をしてくれるようになるだろう、と思って会社はあなたに教育を任せているのです。しかし、あなたや会社の思うように新人が伸びてくれるとは限りません。

実際、野球やサッカーの例でも現役時代には他を寄せ付けないほどの活躍を見せていた選手が引退して指導者になったものの、チームに良い成績を残せずに辞任させられるというケースは山ほどあります。反対に、現役時代にはさほど目立った活躍をしなかったのに、監督して何年も好成績をおさめる人もいます。これは、自分が現場で発揮する能力と、他人を育てる能力は全く別物であることから起こります。指導者として良い成績を残している人は、他人を育てる能力に特化している人物なのです。

教えることに精通したプロがいる

人が人に教育をする場合、教える相手の特性や能力をしっかりと把握し、適切な指導方法によって実施される必要があります。そして何よりも冷静さが求められます。自分にはたやすくできることが新人には教えてもなかなかすぐにはできません。あなたが新人だったときよりも初期の能力は相手の方が劣っている可能性が高いです。なぜならあなたは、同じように先輩から教わってきた同期たちよりも優秀だからこそ今指導する立場に抜擢されているのです。そのことも踏まえて冷静に新人たちと向き合ってじっくり育てることができるでしょうか。できるかもしれませんが、相当なストレスを抱えることになることでしょう。自分のキャリアを踏まえず、他人を育てることに集中することは難しいです。 世の中には新人教育を専門的に行ってくれるプロフェッショナルがいます。彼らは教えることに特化しているので、さまざまな新人に合わせた理想的な教育を行ってくれます。あなたよりも会社の業務のことに関しては詳しくないでしょう。でもその分教え方に関してはあなたの会社の誰よりも上手なはずです。教えることだけを突き詰めて仕事をしている人たちなのですから。教えてほしい内容だけしっかりとプロに伝えておけばきっと最高のパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。

© Copyright An Instructor Is Required. All Rights Reserved.